スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動の滝


本正院から車で5分ほど離れた場所に 不動の滝 という場所があります。 


下記の写真が 不動の滝 で、夏はとても涼しく、秋は紅葉もきれいです。



DCIM0473.jpg


また、下記の写真は、不動の滝に行く途中にある川です。 ここもキレイな眺めです。


DCIM0475.jpg


お参りがてら、散策されてはいかがですか♪


また、本正院から不動の滝までの道中、道が狭い場所がありますので、お気を付けください


スポンサーサイト

温川温泉目の湯

周辺施設の浅間隠温泉郷「温川温泉目の湯」を訪ねてきたので、その記事をアップします。

隣接する旅館「白雲荘」は残念ながら現在休業中です。

それでは、目の湯の紹介です。

まずはお手製、アクセスマップ。
マップ
道が狭いので対向車に注意が必要です。

河川敷の駐車場に車を止めて、「こんにちは。」と言ったら、、見知らぬ方が「いらっしゃい」と出迎えてくれました(笑)
女将、若女将ではなく、どうやらお客さんのよう。
こういった常連のお客さん?がいるところが人気の秘密なんだと思う。

状況を説明して、お風呂を撮らせてもらいました。

まずは、外階段(砂利道)。
いかにも河川敷らしい(笑)
外階段

温泉入口。
入口
手前は男湯?奥は女湯か?
(すいません。聞き忘れました。)

温泉を紹介する前に、
群馬といえば、「ネギとコンニャク下仁田名産」と詠われる地元の上毛かるたがある。
それを意識してかどうかはわからないが、お客さんがみそ田楽を注文されたので、1枚写真を撮らせてもらいました。
ご協力ありがとうございました。
みそ田楽
それと、ラーメンとうどんが人気メニューとのこと。。
あれ、ラーメンの写真撮らせてもらったのに、保存されていませんでした。
皆さん、是非一度訪ねていただいて、ご賞味ください。
余談ですが、世界遺産となった富岡製紙場は、かるたに「日本で最初の富岡製紙」と詠まれています。

さぁ、いよいよ
ご自慢のお風呂です。
檜の香りがただよい、心地よい川のせせらぎを聞きながら、ゆったりつかれば、心身ともにリフレッシュ間違いなしでしょう。
目の湯
目の病気に効き、美容効果もあるとのこと。
是非、お試しあれ。

女将さん、若女将さん、ご協力ありがとうございました。
ラーメンの写真は、また、次回撮らせてください。

周辺施設のご案内

薬師山本正院の周辺には、浅間隠温泉郷があります。

まずは、 かやぶきの郷薬師温泉旅籠
旅籠①
江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気を味わえます。
その名のとおり、全てがかやぶき屋根です。
結婚式や季節ごとに様々な催しものがあります。

かやぶきの郷薬師温泉 旅籠
〒377-0933 群馬県吾妻郡東吾妻町本宿3330-20
TEL. 0279-69-2422  FAX. 0279-69-2843


続いて、鳩の湯温泉三鳩楼
鳩の湯温泉
こちらは、昔は共同浴場があって生まれた時からお世話になりました。
今は共同浴場はなくなりましたが、ひっそりとたたずんでいます。
ひなびた隠れ宿的な、素敵なお宿です。
近くには温川が流れ、夏は渓流釣りをする姿が、冬は氷瀑も見られます。

鳩の湯温泉三鳩楼
住所: 〒377-0933 群馬県吾妻郡東吾妻町本宿3314
TEL.電話:0279-69-242 FAX 0279-9-2778


浅間隠温泉郷最後の紹介は、温川温泉目の湯
名前のとおり、古くから目の病気に効くということで、湯治場として有名。

温川温泉目の湯目の湯
美肌効果もあるそうです。
温泉入って温まって、女将さんの手作り料理を食べるのもいいかもです。
家庭的なのがいいですよ。

アクセスマップ。
マップ

最近まで白雲荘という旅館があったが、現在は休業中。
なお、最近、NPO法人さんによる温川温泉再生計画があるとの話しも聞く。
地域活性化のためにも、微力ながら応援したいと思います。

リンク張らせていただきましたので、「目の湯」さんのブログもご覧になってください。
プロフィール

地域活性応援隊長

Author:地域活性応援隊長
ご訪問ありがとうございます。
当ブログは、薬師山本正院と地域活性化の取り組みを発信していきたいと考えています。
畑で野菜作りたいとかそば打ち体験したいとか、皆様のご意見を下記メールフォームからお寄せください。
よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。